stri-ep house*由比ヶ浜 完成しました!&Before〜After

Posted by on 2月 17, 2017 in job, stri-ep

20170126_018*

stri-ep house*(ストリープハウス)由比ヶ浜 完成しました! この物件は中古戸建を購入したお施主様よりデザインと計画のディレクションをご依頼いただいた設計案件です。まずはこのような貴重な物件に関わらせていただいたことに感謝しています。
昭和40年代の細かく部屋割りされた繋がりのない閉鎖的な家から、明るく解放的な家族みんなの家に生まれ変わりました。「光と風が駈けぬける家」です。本ブログでは工事前と工事後がわかりやすいBefore〜Afterを掲載します。昭和45年築(築46年)、新築時は約60㎡の木造平家でその後の2度の増改築を経て現在の2階建て約120㎡となっています。

由比ヶ浜BA-1jpg玄関 既存は一般的な玄関のつくりでしたが、タタキ部分を広く土間を打ち直しています。玄関の奥にあった和室を解体し奥様が趣味の作業をされるアトリエスペースとしました。玄関からひと続きの空間ですが、住居の玄関とアトリエとは古建具で仕切ることで(アトリエスペースの外壁に新しく設けたスチールドアから)アトリエスペースへ人を招いた場合もプライバシーとセキュリティーは確保しています。After写真 左の古建具引き戸が住居への入り口となります。

由比ヶ浜BA-2玄関からリビング方向へは一般的な廊下がありその両サイドに居室がある構成でしたが、細かく部屋割りされた1階部分の3部屋を統合し、広いハンモックの似合うLDKができました。2階へと上がる階段も玄関からすぐのところにあり家族に顔を合わせることなく2階へ行けるこの時代によくあるゾーニングでしたが、階段の位置をリビングに変更することで家族の関わり方もこの時代とは違ったことが起こりそうですね。

由比ヶ浜BA-5ダイニングでは西側に変形ですが20㎡ほどのスペースがあり、そこにウッドデッキの計画を立てました。目の前を江ノ電が通るなんとものどかなオープンデッキです。そのデッキへのアプローチのために新たにオープンウィンドウ(フルオープンの折戸)を設けました。BBQシーズンには活躍してくれることでしょう。

由比ヶ浜BA-3さてリビングでは階段の新設と合わせて吹き抜けを作りました。2階の和室だった部屋の床を抜き天井の高さが約5.5mの明るく開放感のあるリビングができました。当時の太鼓材の梁がいい雰囲気を醸し出してくれています。2階とリビングとの繋がりも感じることで家全体の一体感が生まれますよね。(Before写真はよくわからないかもしれませんが、ほぼ同じ位置から同じ方向を撮った写真です)

由比ヶ浜BA-6階段を上がった通路スペースは広く確保し、子供たちが陽だまりで遊んだりちょっとしたワークスペースを設けられるようにもしています。この空間は吹き抜けとあわせて家族が集う1階とそれぞれの部屋のある2階をつなぐ大切な空間となっています。

今までBefore〜Afterはあまり掲載はしてきませんでしたが、stri-ep house物件をご覧いただいた皆様からリクエストをいただきながら試験的に掲載させていただきました。リノベーションを検討中の方々の参考に少しでもなればと思います。

今回の施工は葉山の一色にあるTIC HOMEさんに担当していただきました。
無事完成を迎えられたのも関わっていただいた方々の協力があってこそです。この場を借りて感謝申し上げます。

kamo

stri-ep house* 由比ヶ浜 進行中!

Posted by on 11月 30, 2016 in job, stri-ep

img_5153
9月からスタートした「stri-ep house*由比ヶ浜」プロジェクト。弊社「stri-ep house」 事業の再販物件ではなく中古住宅物件を購入されたお客さまよりディレクションをご依頼頂いた設計案件です。再販事業物件と同じく「strip<剥いて>」して「extended play<再生を延長>」させるプロセスを用い、新築でもない中古でもない、いままでそこにはなかった新しい価値観の空間を創造します。唯一無二の家。
本物件は築50年の木造2階建て約110平米の家なんですが新築時は60平米ほどの平屋でその後の2回の増改築で今の大きさになったという超強者物件。内部をストリップしてみると見慣れない構造が現れたりドキッとすることもありますが、しかしその増改築のおかげで階高も高くオーバー3m!スケルトンの1階天井は高く開放的な空間ができそうです。
この物件は今まで再販事業物件ではなかなか実現できなかった階段の架け替えや吹き抜けを作ったりと私自身も大変楽しませてもらっておりワクワクしながら進行しています!

kamo

イモ貼り&ウマ貼り

Posted by on 10月 8, 2016 in job, stri-ep

stri-ep house 秋谷1丁目では浴室を在来工法で施工しています。バスタブや水栓金物にこだわったりタイルを貼ったりとデザインに自由度が増えるのでできる限りそうしています。今回は腰高までの壁の仕上げに53mm×11mmの白いスティックタイル(フィンガーチョコみたいなサイズです)を貼り清潔で優しい印象のバスルームにしてみたいと思いました。同じスティックタイルでボーダーパターンを途中に入れる図面を書いて現場に渡していたんですが…現場に行ってみると何やら想像したパターンと違います。ベースはイモ貼りと言って綺麗に整列させ目地を通すパターンなんですが、そのボーダーは馬貼りと言って半ずれした貼り方を指示していました。しかしどおやら現場に馬貼りのシートが見当たらずボーダーにイモ貼り(整列した)のシートを使ったようです。一瞬これもありかな?と思いましたがちょっとしっくりこないのでやはり貼り直してもらうことにしました。なんとも些細なことなんですけどバスルームみたいな小さい空間でリラックスした雰囲気を作るうえではちょっと大事なことだったりするんです。(写真は目地入れ前の写真です)・・・それにしても図面と違うことをフツーに施工されるのもちと困る(笑)
img_5001

kamo

stri-ep ペンダント照明カスタムオーダー

Posted by on 6月 7, 2016 in job, stri-ep

stri-epのオリジナルペンダント照明器具をカスタムし住宅物件に投入させてもらいました。
スチールF.Bをサークル製作しそこにコードを巻きつけるだけのシンプルデザインですがインパクト大です!
広いリビングルームの中に求心的な存在になりそうです。

IMG_4585

kamo

「Saturdays Chocolate」

Posted by on 5月 12, 2015 in job

札幌にあたらしく誕生するチョコレートブランド「Saturdays Chocolate」のフラッグシップショップをデザインさせていただきました。
New York の Mast Brothers Chocolate、San Francisco の Dandelion Chocolate など アメリカから始まった「Bean To Bar」(カカオ豆から作るチョコレート)、「Small Batch」(小規模生産、手作り)の新しい「チョコレート ウェーブ」に共感した札幌の企業が地元札幌から発信します。
チョコレートについて初めて知る事も数多く、国内生産のほとんどが「Bean To Bar」でないことや、カカオ豆の種類で異なる味や香りをコーヒーのように楽しむ事が出来ることなど驚きの連続でした。
また、「Small Batch」の概念により小規模でこだわったモノづくりが特徴で添加物(乳化剤や香料)を使わず、カカオ豆とキビ砂糖(鹿児島産)のみで作られるCacao70%のチョコレートはいままで食べたことのない本当に美味しい!チョコレートでした。
詳しくは「Saturdays Chocolate」HPをどうぞ


さて、いよいよ今週2/28(Fri)オープンします!
まずは札幌の皆さん!よろしくお願いいたします!!
〒060-0061 札幌市中央区南2条西2丁目7-1Salmon1F
営業時間:10:00~17:30 (始業時間9:30~18:00)
定休日 :水曜日 その他
電話番号:011-208-2750
Mail :saturdayschocolate@wish.ocn.ne.jp
Facebook: www.facebook.com/saturdayschocolate
kamo

LED電球とクリプトン球

Posted by on 8月 4, 2014 in job

LED電球 E17 40W 相当(消費電力5.6W)×1コ 約3,000円
PSクリプトン球 フロスト E17 40W相当(消費電力36W)×25コ 約2,500円

たまたまこの2種類の電球が同時に手元に届いたのでちょっと比較してみました。
LED電球の定格寿命は約40,000h(時間)です。この寿命いっぱいに使用する電気代はというと・・・5.6W×40,000h×22円(kWh)=約¥4,928
一方、PSクリプトン球の定格寿命は約2,000h(時間)です。
ほぼ同じ時間をクリプトン球を使用したとするとこの箱の25個のうち20個を使用します。電気料金はというと 36W ×40,000×22円(kWh)=約¥31,680
結構違いがでますね。
では40,000hは一体何年かというと、一般的なリビングやダイニングなんかの照明と考えると
1日の点灯時間はおおよそ5時間というところでしょうか。
40,000h÷5h=8,000日です。約22年。
1年あたりの電気代はLED電球は¥224 クリプトン球は¥1,440
約22年LED電球は交換不要です。この1個でOK。
かたやクリプトン球はそれまでに21個交換が必要です。約1年に1個ですね。
別の見方をしてみましょう。
スタートから何時間でこの費用対効果が出るのか?!
LED電球の高いイニシャルコストをどの時点で吸収できるのか?
LED電球の場合 1個 約3,000円
クリプトン球は 1個 約100円
1日約5時間使用する場合
約26ヶ月(2年と2ヶ月)で費用対効果は出ます。イコール費用的にはプラスに転じます。因にこれが1日1時間程度のトイレの電球などで考えると・・・
LED電球の場合 約110年の寿命です(まったく必要ありませんね)
クリプトン球の場合 約5年とちょっとの寿命
約142ヶ月(11年と10ヶ月)で費用的にはプラスに転じます。
時代はLEDへと急速にシフトしています。我々が携わる店舗ではほぼLED化が標準仕様となってきました。1日12〜24時間 電気を消費する店舗ですからその費用対効果は目覚ましいものがありますし、今後もやるべき事だと確信しています。かたや一般家庭の中ではまだまだLED電球の価格は高過ぎると思いますし、その費用対効果は十分に検討するべきだと思います。
地球環境や電力の発電に関心の高い人たちが増えてきていますので情報にも敏感に反応しがちですがやみくもにLED電球へ変えるのではなく状況にあった変更をされた方がよいのではないでしょうか。
好き嫌いはあるとは思いますが、電球型蛍光灯も選択肢にいれてもよいと思います。
40W相当の明るさで 消費電力は約8〜9W 定格寿命は約6,000〜8,000時間 価格は約¥200〜1,000です。
LED電球の開発もそろそろ第1成熟期を迎える時期でしょうか。
開発メーカーの次なる一手で劇的な低価格化を期待したいですね。
kamo
※22円/kWhは全国の平均の料金との事です。因に東京電力は従量制の場合ですが約20円/kWhです。ただこの金額も毎月変わってます。

ハードスケジュール

Posted by on 7月 23, 2014 in job

今日は「rivet & surge」の物件の引渡しで「軽井沢ショッピングプラザ」へ。
15:00からの引渡しの為14:00に乗り込み。軽井沢駅に到着すると「秋谷」のそれとは違った風が吹いておりました。さすが避暑地。皆さんが別荘かまえるの理解できました。
さて、本物件 クライアントより出店のお知らせ及び設計の依頼を受けたのが6月の下旬。
オープンは7月25日・・・・・ん? 1ヶ月?きってる?!久しぶりにひやりとした瞬間
通常 店舗設計依頼のリミットはオープン2ヶ月前が常識的なところ。でもそれもリミットというだけで、できるだけ3ヶ月は確保していただくようにお願いをしている。現場の情報収集〜プランニング〜デザインのFIX〜内装監理室(施設)との調整や施工会社の施工見積もり金額の監理&設計調整などなど〜その間ずっと施主との承認作業。とてもじゃないけど普通は1ヶ月なんて無理なハナシ・・・なんだけど今回は・・・できちゃった・・・ただもうそれは偏にここまで一緒にこのブランドの店舗を創ってきた施主&設計&施工のなせる技と言うかなんというか・・・皆が信頼しきっていないと出来ない事であります。こんな大人な事情なハードスケジュールをいただき改めて信頼しあって物事を任せるすごさを実感した訳であります。
ホント!皆に感謝!
「rivet & surge OUTLET」 7/25オープンです

kamo

辰巳琢郎の家物語(再放送)

Posted by on 4月 5, 2013 in job

[stri-ep HOUSE]プロジェクトのきっかけにもなった我が家「AKIYA HOUSE」の記念すべく番組出演。
辰巳琢郎の家物語「古い建具を上手く活かしたビーチハウスのような家」(再放送)
今となっては・・・ただただ素人感丸出しのコメントに赤面状態です。
4/13(土)17:00〜BS朝日(BS 5ch)再放送される模様です。
既にご覧になった方はスルーでお願いします。ほぼ1年前の収録です。
kamo

New Project 始動っ!

Posted by on 3月 23, 2013 in job

2009年の夏、関わらせていただいた物件「野田琺瑯ショールーム」
第1回目の打ち合わせは、江東区北砂の野田琺瑯株式会社 本社。
あまりの緊張でお約束の時間の随分と前に到着し、近くのファミレスで随分と時間をつぶしたことを覚えています。
そのずっと昔から、その会社から作り出される琺瑯食器たちのファンであり、日本の食文化に多大な影響を与えたであろう会社のお仕事に携われる事はとてもとても光栄な事で恐縮しながらもとても楽しみなお仕事でした。
はじめてお会いしご挨拶させていただいたその方々は、アットホームで気さくでなんとも心やすまるファミリーでありました。それまでの製品のファンとはまた違う意味で大ファンになった訳であります。ショールームの設計ですから、物販店舗とは違ったアプローチで表現させていただきました。なかには「ないなら作ろう!」と社長に先導いただきオリジナルなプロダクトも誕生しました。
そんな3年半前の当時からvibe印でやりたいなぁ・・・と考えてはいたものの、実現できなかった事。店舗デザインする上でも、住宅リフォームする上でもなんでこんなの無いの??って思ってた事。
じゃあ作って売っちゃおうっ!って事で「stri-ep HOUSE」をきっかけに始めちゃいます!
野田琺瑯さんの多大なご協力に感謝っ!です。
またこれも手探り状態ですが(どんだけ手探りなんだっ!とお叱りを受けそうですが)
多くの人の共感を得られるよう試行錯誤いたします。
葉山芸術祭 「stri-ep HOUSE 秋谷2丁目」オープンハウスにて販売予定です!

kamo

『葉山芸術祭』参加します

Posted by on 2月 18, 2013 in job


今年も『葉山芸術祭』が開催されます。
期間は 4月20日(土)〜5月12日(日)
皆さんご存知の方も多くいらっしゃると思いますが葉山芸術祭は葉山を中心とした逗子から秋谷あたり(主に自宅やアトリエを解放したオープンハウス形式)の地域のイベントです。
芸術祭と名はついてはいますが、ジャンルは様々でダンスやヨガなどのワークショップや工作教室や写真展、本格的なライブからお笑いライブなどなど・・・
もちろん町内に点在するショップも企画参加したりして日を決めて回れば一日飽きずに回れると思います。
現在進行中の「stri-ep HOUSE 秋谷2丁目」
を企画参加させていただく事になりました。
5/3(金)〜5/6(月) 11:00〜17:00
ホントに間に合うのか?!との声もある中、施工会社の「Hiro建築」に気持ちの悪いプレッシャーをかけつつ完成にこぎつけようと思います。興味のある方は是非見に来てください。値札つけてお待ちしています!
期間中 秋谷在住で知人でもあるカメラマン 
竹内弘真氏の写真展「みちひき 〜肖像三浦〜」
をあわせて開催します。あわせてお楽しみください。
3月中旬ころから近隣のショップなどで「葉山芸術祭2013」のパンフレットの配布が始まると思います。是非お手に取ってみてください。
kamo