2011年

Posted by on 1月 2, 2011 in job

あけましておめでとうございます。
2011年もよろしくお願いいたします。
※今年はお年賀を控えさせていただきました。お年賀を頂きました方々には誠に申し訳なくお詫びいたします。
さて、今年は私もようやく厄が抜け思い込みの激しい私はなにか良い事が起こりそうな予感がしています。「前厄・本厄・後厄」この3年、文字通りいろいろありましたがいやな事は「厄」と片付けてしまえば気が楽なのでそう考えるようにしておりましたが、仕事の上ではそうはいってもダメージの残る事も多く、現在の仕事について、そしてこれからについてよく考えるきっかけになりました。安東ともそれまでになく互いの仕事への思いを話し合う時間が増え現在の体制へ移行する決断をした訳ですが、昨年の2月以降仕事への取り組み方も試行錯誤の日々を過ごしました。やはり環境が変化するという事は随分とエネルギーも使いますがまずはワークスペースを整える事も大事と考え、昨年11月秋谷ハウスの増床に踏み切りました。試行錯誤の答えは見えてきましたがまた別の答えが見えてきた事も事実であります。
2011年 なにか大きな大きな波が押し寄せてきているような・・・そんな気がしています。
おかげさまで年始からかなり忙しい日々が続きそうです。
ですが、日々の仕事の忙しさに負けず、次の一歩を確実に踏み出せるように!
皆様 今年もよろしくお願いします!!

12/31大晦日の最後の塗装作業でようやくフィニッシュ!
年明けからなんとか仕事始めできそうです。

なんですが・・・外壁はこれからです。
レッドシダーのサイディングなんか張ってみようかと。(協力:東京木材企業 哲平)
3月には・・・(自分ちなんでいいんです)
kamo

ツリー

Posted by on 12月 18, 2010 in job

これが ↓ 先日仕事で行ってきました東京スカイツリー。

そしてこれが ↓ 家の用事で横須賀に行った時に見かけたツリー!?

いろんな形が楽しいなあ。
ANDO

Access Japan 青山ショールーム

Posted by on 10月 7, 2010 in job

Access Japan さんの本社ショールームが完了しお引き渡しいたしました。
以前のショールームから一新!シャープでメリハリのある空間となり、商品が引き立つショールームとなりました。
後日HPアップいたします。


kamo

UEHARA HOUSE

Posted by on 7月 6, 2010 in job

いやぁ〜 やりきりました。
すごい充実感です。
昨年12月にはじめてその家に足を踏み入れて約半年。
リフォームとしては普通の時間ですが、内容が濃い半年でした。
昨年の10月に秋谷ハウスが完成し、「ん?なんだかこれいけるなぁ・・・」
と、設計のプログラムについて今後の可能性を感じていたところ
願ったり叶ったりですばらしいご依頼をちょうどよいタイミングで頂きました。
しかも場所は都内の一等地、モンスター級(おっきいという事です)の物件です。
全てが秋谷ハウスとは比較になりませんが、そのプログラムを投入すれば
どんな家に生まれ変わるんだろう・・・と期待に胸を躍らせ設計をスタートしました。
その大きな家は元は外国人専用の賃貸住宅用に建てられ
ベッドルームが5つトイレ4つバス3つおまけにメイドルームに
トランクルームetc. まさにアメリカンな家でした。
オーナーの生活には必要の無いものも多々存在しており
その解体撤去だけでもかなりのボリュームでした。
さらに、気持ちのよい空間を目指し「やっとかなきゃ」な事は
遠慮せずがんがん提案させてもらいました。
◯ トイレやバスなどの各部屋の過剰な設備機器(最低限の必要設備にしましょう!)
◯ 効率の悪い床置き冷温水空調システム(天井付けで効率のいいものに変えましょう!)
◯ 暗くダイニングから独立したキッチン(料理が楽しめるキッチンに!)
◯ 子割の部屋が使いにくい(部屋統合でゆとりと余裕のある空間に!)
◯ 広く気持ちのよいリビング&ダイニング(さらに気持ちいい空間にしましょ〜!)
などなどまだまだ盛りだくさんありますが・・・
設備機器、建材、造作家具の施主支給(実際には設計から支給)
更には自分ち作ってる感のセミセルフビルド家具(IKEA)など
かなり協力的なパートナーとでなければ出来ない事ですが
高いコストパフォーマンスで全てが進行します。
以前のブログにも書きましたが ”かけるところはかける、
かけないところはかけない” です。
◯素足で気持ちよく歩きたいので250mm幅の無垢フローリングをつかう!
◯リビングとダイニングの間の壁はないほうが気持ちがいいのでとる!
 (解体中に図面には載っていない柱がでてきた。でも構造補強してでもとる!)
◯ドイツやイタリアの高級キッチンは使わない。コストパフォーマンスが高く使い勝手のいい
  IKEAです。でも設備機器(調理器具、水栓、食洗器など)はIKEA以外のものを使います!
◯見えない機能的なところは全てIKEAです。オーダーで製作しては時間とお金がかかりすぎます。
◯物の調達にかかるコストは全てカット!設計が調達すればいいんです。家具も調達します。
 今回も関東を西に東に奔走しました。
などなどまだまだ盛りだくさんありますが・・・
いままでの住宅リフォームに於ける既成概念にとらわれない価値観です。
商業には適用できません。住宅だけです。
そういいながらも最終的には当初の予算を超えてしまいました。
しかぁ〜っし!オーナーの大きな懐(文字通りフトコロ、ココロという意味もある)に助けられ
UEHARA HOUSEは無事完成いたしました。

とてもスマートで素直に気持ちがよいと思える家が誕生したと思います。
おめでとう!我ながらそんな気持ちでいっぱいです。

施主支給に際しご協力いただいた各メーカー担当者様。
最後まで辛抱強く付き合ってくれた施工会社の皆々様。
ご協力本当にありがとうございました。
多くは商業物件を設計してる僕たちですが、住宅はまた違ったアプローチと
プログラムが必要とされます。
が故に難しさと同時に大きな喜びを得られる時間でもあります。
「住む」という事。
そんな大切な事を預けていただけた事にあらためて感謝いたします。
vibe design inc.→gallery→House→UEHARA HOUSE
kamo

掘り出し物

Posted by on 6月 29, 2010 in job

先週、急に中国出張が入り上海へ飛んでまいりました。
物件名は公表できませんが、今期出店の物件の現地視察と
中国での製作にあたりクオリティーチェックです。
わたくし、中国は初めて行きましたがいろんな事に驚いてきました。
人の多さやら、車と人の動きの怖さやら・・・etc.
驚きの一つに今回の物件のスピードもあります。
6/下旬に現地視察&設計スタート
そして7/下旬にOPEN予定 なんです。
驚いてる場合じゃないんです。
こんなブログ書いてる場合じゃないんです。ホントに。
視察ついでに「アンティークウッド」探したいと、
現地施工屋さんにとある場所に連れて行ってもらいました。
そこで掘り出し物発見!

約140平米で日本円で¥49,000円ほど
なんと平米単価¥350! 即買いです。(因に購入は現地法人です!)
たしかに精度も悪くかなり加工も必要とします。が、手間は中国ですから。
中国マーケットも日本人が買いあさるような市場はいまは結構高いんですって。
これまでの中国出店には日本からサンプルを送りそれを見よう見まねで
エイジングしてもらってたんですが、それも限界もあったので
い〜もんみぃ〜っけ! てな感じです。
いい味でてるんですこれ。

まだ、ニッポンマネーに荒らされていないとある場所。
秘密です
kamo

ようやく・・・と AKIYA HOUSE

Posted by on 6月 25, 2010 in job


昨年12月に竣工と銘打った本ブログを掲載して以降
いつか撮らなきゃな・・・と思いつつずるずると半年が過ぎてしまいました。
まだまだ発展途上のAKIYA HOUSEではありますが
まずは現在のご報告いたします。
というのもAKIYA HOUSEのプログラムを投入したUEHARA HOUSE が
竣工しておりまして、近くアップしようと思ったんですが
「じゃぁ〜話の筋的にAKIYA HOUSE見せとかなきゃダメじゃん」と思い、あわてて
今回の行動に至ったわけです。
今年2月に一部事務所スペースを確保する為にやや窮屈になった訳ですが
GR21mmレンズのおかげをもちまして大変ゆったり感じます。

vibe design inc.→gallary→house にてご覧頂けます。
モンスター級のUEHARA HOUSEは近日中にご報告いたします。
kamo

ザッ!上原Kハウス!!

Posted by on 4月 22, 2010 in job

東京都渋谷区代々木上原
この閑静な住宅地に一戸建てを購入されたオーナーのご期待に応え
お久しぶりのvibeリフォーム(ReHome)ですっ! 
ザッ!上原Kハウス!!
昨年12月から設計をスタートしはや5ヶ月、い〜感じに現場が殺気だってますっ!
半年前の我が家秋谷ハウスの現場とは様相が変わり、ここ代々木上原は日々10数名の職人さん達が右往左往しております。

元は外国人専用の賃貸住宅だった物件。いわゆるニッポン的ナンセンスな設えは皆無でいじりがいがある物件なのです。天井をおっぺがしてみると在来らしく削り出しの梁が鎮座し、とおもいきや隣にはH鋼むき出しで2階の床を支えている様子。大工の「鉄梁」の文字がミョ〜にかっこえ〜です。

せっかくの削り出しの梁なのでそのまま生かします。

H鋼錆び止めペンキの色と削り出しの梁との色のコンビネーションがそそります。
今回のReHomeは、秋谷ハウスのノウハウを投入し、いろんな手段を使い
「より高いコストパフォーマンス」を目指しました。
スペックダウンではなくコストダウンです。
例えば、キッチンはIKEA。他にも家具として製作するとど〜しても高くなってしまう箱物
なんかもIKEAを使います。見えないところや実用性重視の場所もIKEAです。
秋谷ハウスから始まりIKEA港北にぼくは何度足を運んだ事でしょう。
今では目的のエリアへショートカットして一番早く到着する自信があります。(誰と競うん?)
あと数回で危うく船橋も制覇するとこでした。(港北と船橋ちょっと違うんですよねぇ)
IKEAのコストパフォーマンスにはホント頭が下がります。
他には、材料や設備機器類ほとんど全て施主支給の形をとります。実際にはvibeから支給します。
もう随分昔から僕はこの施工業界のコストオンについて疑問を抱いていましたが
(物にそんなに乗っけんのやめてぇ〜!腕で勝負しろぉ〜っ!!って事です)
最近は施主支給と言う形が一般化し、抵抗も少なくなってやり易くなってきました。
設計としての本来の業務ではありませんし、手間ひまかかりますがこれもデザインのうちと考えてます。
これ、ほんとにすごい金額になるんです。びっくりしますよ〜!(そこが気持ちえぇ〜)
さて、お引き渡しは来週日曜日。最後の追い込み頑張っていきましょ〜
(ハンスグローエの水栓が届かない・・・飛行機はやく飛んで欲しいな・・・)
kamo

創業61年の味

Posted by on 3月 30, 2010 in job

弊社デザインのお店の施工チェック立ち会いの為、吉祥寺PARCOへ。
途中朝10時前、 創業61年を迎える、銘柄牛を専門に扱う精肉店「吉祥寺 サトウ」の
前では絶品メンチカツを求める人達で長い列。
タマネギたっぷりの肉汁したたる元祖・丸メンチカツ、5個入り700円。
メンチカツ以外にも、コロッケや肉団子などのお惣菜etc盛り沢山です。
お店の場所はいつも行列ですから行けばすぐに分かりますよ。
一度食べてみて下さい。ANDO

花車 flower wogon

Posted by on 3月 18, 2010 in job

去年秋、弊社デザインの花屋さん「La coloriste」(ラ・コロリスト)が
池袋エソラにOPENしておりました。
そして先週、お店のど真ん中に、今にも外にはみ出して
しまいそうな大きさの花車を入れました。
改めて見てみるとかなりの存在感。
写真ではかわいらしく写ってますがホントに大きい。
花売りが花を売りにお店の中までやってきた、感覚です。
デザインの計画段階では、
「花車が邪魔して、奥の壁の花が見えなくなるのでは?」とか
「決して大きいとはいえないお店が更に狭くなる。」などなど
マイナスポイントが一瞬浮上しましたが、いざ投入してみると
この花車1台でお店の雰囲気全体が前より賑やかになり、
花の商材もわんさかあるせいでお店の狭さも気にならない。
お客さんも花車の裏側まで花を求めて回り込む。
「あえて見せない」ことで、その分期待感が増して覗きに入りたくなる、わけですが
諸刃の剣的なこの手法を使うときは、より慎重に様々なケースを検証し、
十分に裏を取る必要があって、投入するまでは思考がかなりナーバスになります。
で、今回はというと、成功と言えるでしょう。
ちなみに、この花車マークのデザインはkitagawa design officeの北川 正さん。↑
La coloristeのブランドロゴデザインを初め、ショッパー、ギフトBOXなどのデザインに
至るまで、アートディレクションレベルでこのブランドに関わっていらっしゃいます。
北川さんのブログ、楽しいですよ。覗いてみて下さい。
ANDO

渋谷

Posted by on 3月 8, 2010 in job

打合わせで渋谷に出てきた。
なにやらハチ公前で人だかり。

今日3月8日は、ハチの命日だったんだ。
享年何歳なんだろー?
ANDO