三浦半島を南下して辿り着くどんつきのところ、半島の最南端でリノベーションプロジェクトが完成&ON SALEです。三浦半島もここまで下ると、太陽、海、風、空、星、緑、島、遠景、、、特別な解放感があります。到着10分前からの現地までのアプローチはパッチワークのように緑広がる野菜畑を抜け小高い丘を越えて行く三浦ワインディングロード。移り変わる景色に心躍らせ、ラストは正面に相模湾を見据えつつ一気に駆け下る道のりはまるでローラーコースターのようです。現地はリゾート感漂うマンション「ライオンズガーデン湘南三浦」、こちらの最上階7階南向きパノラマオーシャンビューの部屋。部屋からは、スーパーワイドの画角でも収まり切らないオーシャンビュー。海と野菜畑を主役に、房総半島、大島、風力発電、城ヶ島、が同じ視界に。遠くまで見えているって素晴らしい!! ここは、訪れるたび天候ごとに素晴らしい景色が待っていて、自然の作る映像がソフトにカラダとココロに届きます。リノベーションは、これら主役である自然を引き立てるべく、静かなシンプルモダンなテイストに寄せています。

「 stri-ep house flat ライオンズガーデン湘南三浦 」
所在地:神奈川県神奈川県三浦市宮川町6−21
専有面積:69.53㎡(壁芯) 他バルコニー8.60㎡
間取:2LDK
築年:1993年3月築
販売価格:2,980万円

photo by 東涌写真事務所 TOUWAKU Architectural Phorography