「耐震基準適合証明書」1

Posted by on 9月 16, 2016 in etc., stri-ep

stri-ep house では物件ごとに「耐震基準適合証明書」の取得を目指しています。
扱う物件が築30〜40年くらいの物件が中心になりますから現行の耐震基準を満たしていない物件も存在します。ここ数年の震災にたいする安全対策への関心の高さ(建物にたいする不安の解消と言った方がいいですね)の為ともう一つ大きな理由として「住宅ローン減税」の税控除を最大限活用するためです。住宅ローンの借入残高の1%を最大で10年間「所得税」から減税されるわけですからかなり大きな金額になります。適応の条件は購入から居住のタイミングや個人の年収、建物の規模など様々ありますが、まあ普通の方が普通の買い方をするぶんにはほぼ適応されます。問題は対象物件のその建物が建築された日から取得する日までが20年以下(マンションなどの耐火建築物は25年)ということ。これでは中古物件で築20年を超える物件は適応外なので、それらをカバーする適応条件として「地震に対する安全上必要な構造方法に関する技術基準またはこれに準ずるものに適合する建物」とありその証明として「耐震基準適合証明書」もしくは「住宅性能評価書」などの証明書が必要になります。要するに減税措置を受けるためにはどんな物件でも良いわけではなく耐震性や耐久性に一定の性能が認められるものに限るというわけです。以前はこの証明書を物件の「売主」が取得していなければ「買主」の減税措置は適応されないというなんとも現実味に欠ける制度でしたが、現在では「買主」が物件取得後に耐震診断〜(必要があれば耐震補強をし)適合証明書を取得すれば適応されるようになりましたのでそのような状況下にある方は是非やることをお勧めします。ただし、物件によってはローン減税で控除される金額より耐震補強工事にかかる金額が高くなってしまう場合もありますから見極めが大事ですね。もっとも、金額云々より安心安全が優先される場合もありますからそれぞれのご判断にもよります。
スクリーンショット 2015-08-15 22.16.23
さて、2013年の「秋谷2丁目」は築40年の軽量鉄骨造いわゆる工業化プレハブ住宅でした。メーカーであるセキスイハウスさんへ耐震診断を依頼。耐震補強工事が主な目的でなく、「耐震基準適合証明書」の取得が主な目的である主旨を伝えると大手メーカーさんはまず固まります(笑)
このような問い合わせははまずカスタマーセンターへ電話することになりますが、オペレーターさんはまず内容が理解できない方が多いです。なぜなら築40年の自社製品を耐震補強(耐震診断)なんてしてまで住もうと思う人がいないからです。いわゆる”レアケース”。普通は壊しちゃうんです。まだ住めるのに・・・汚いとか古いとか売れないとかで壊しちゃった方が話が前に進むからです。国の政策も一昨年くらいまでは新築一辺倒でしたから。そんな事情でセキスイハウスさんの各部署をたらい廻しにされながら少しづつ証明書の取得に向け前進します。
ようやく話の主旨を共有いただき、社内資料(なんせ40年前の紙ベースの社内資料です)の検証、現地調査の段取りなどにこぎつけました。セキスイハウスさん、なんと40年前の設計が現行の耐震基準を満たしており、現地での調査(建物の傾きや基礎や構造の状態などを機器や目視で確認)後、建築当時の性能を有すると判断いただき(耐震等級は1です)耐震補強せずに適合証明書を取得できました。このことは想像していなかったので嬉しいことでした。コスト面ももちろんですがstri-ep house の材料となるこの時代の工業化住宅が今の時代にも通用する一つの材料を持っているという証だったからです。磨けば玉とはまさにこのことです。この物件に少し背中を押してもらった気がしました。現在進行中の「秋谷1丁目」は同じく工業化プレハブ住宅ですがメーカーは「ダイワハウス」ですがセキスイハウスでは想像もしなかったことが次々と起こります。私から繰り出される依頼や言葉がのすべてがハウスメーカーにとってはレアケースでこの件に関わる全ての人や物事がぎこちなくまるで欠けた歯車を回すようでした。
少し長くなりましたのでこの話は次回木造住宅「下山口」の後にお話します。

kamo

「stri-ep house flat ジュネス葉山一色ガーデン」プロジェクト始まります。

Posted by on 9月 4, 2016 in news, stri-ep

ストリープハウスは現在進行中の「stri-ep house 秋谷一丁目」を含め、3物件とも全て戸建てタイプですが、今回は初のマンション物件に着手します。
物件は「ジュネス葉山一色ガーデン」。
メインの通りからちょっと入った住宅地に凛と佇む築32年(1984年竣工)の4階建て低層マンションです。1984年といえば、井上陽水さんのいっそセレナーデとかプリンスのパープルレインがヒットした年ですね。。。(←当時を想い返すには分かりやすいかなと思いまして、、、笑。)
そしてやはり32年前ともなれば、建物の屋根や手すりのデザイン、玄関扉の印象、外壁の仕上げなど、いろんなところにビンテージ感が散らばっていて、そんなディテールが眼に入るたびに懐かしさが香ります。
そんな時代感に失礼のない様、建物と対話しながら作っていきたいと思います。
完成&販売開始は11月中旬予定。オープンハウスも予定していますので、プロジェクトの進行具合含め、またこの場でお知らせしますね!

モノクロ外観・文字入り

図面
↑ こちらは当時の竣工図面の抜粋。
もちろん手書き&大判青焼き図面!!(久しぶりに見ました!)
この他、数十枚にもわたる図面がしっかり製本され残されてます。
こうしてしっかり管理され閲覧できる竣工図が残っていると、設計&デザイン作業がとてもやりやすくなり、「解体して壊してみなきゃデザイン作業が前に進めない、、」なんてこともありません。
また、中古戸建ての場合によくある「解体するまで何が出てくるか分からないエキサイティングな?リスク」もほぼゼロなので安心です。

そして、こちらは ↓ リノベ前の現況です。面積は95㎡と広めでいいサイズです。
ここからフルリノベーションを行い、間取りなどは今のライフスタイルに修正し、水廻りやキッチンの設備も全て新しくします。
リノベーションは、何を引いて何を足すかのその答え探しが面白いとこ。
では始めま〜す!

室内写真

ANDO

stri-ep house 秋谷1丁目 日々進行中!

Posted by on 9月 2, 2016 in news, stri-ep

いやーしかし暑いですねー今年の夏も。残暑もきつい!
現場での職人さんたちには頭が下がります。がしかしこの現場、意外にも風が通り抜けこの酷暑でも案外涼しかったりします。実際近所であるわがアトリエとは天と地の差です。芦名の海からの吹き抜ける風がこうも心地よくしてくれるとは・・・初めて知りました。
2階にLDKを計画したことは眺望のみならず大正解だったようです。2階の天井はどうしても抜きたかったので、その後の断熱性能など気になるところではありましたがグラスウール充填し、PBを貼ったあたりから体感温度が激変しました。フトコロ100mm程度でも空気層はやはり大きな効果がありますね。
この先、屋根には遮熱塗料を塗布します。さてこの遮熱塗料、どのくらい効果が出るのか楽しみな??ところです。
工事中にてあまりお見せできる写真も少ないのですが、どうしても露出したかった鉄骨トラスと天井の経過観察。トラスと天井はこの先塗装の予定です。
本物件竣工は10月頭、販売開始は10月中旬の予定ですがそれまで数回ご報告できればと思います。

秋谷天井-1

kamo

stri-ep ペンダント照明カスタムオーダー

Posted by on 6月 7, 2016 in job, stri-ep

stri-epのオリジナルペンダント照明器具をカスタムし住宅物件に投入させてもらいました。
スチールF.Bをサークル製作しそこにコードを巻きつけるだけのシンプルデザインですがインパクト大です!
広いリビングルームの中に求心的な存在になりそうです。

IMG_4585

kamo

stri-ep house 秋谷1丁目始動します!

Posted by on 6月 7, 2016 in news, stri-ep

IMG_4589
しばらく時間が空きましたが、stri-ep houseのニュープロジェクト始動します。
今回の場所は秋谷1丁目です。事務所から歩いて数分というなんとも地元密着の物件です。
秋谷の中でも海抜の高い位置にあるので住宅地の中ではありますが前面も開けており風の抜けも最高に良いです。
2階からは遠くに相模湾が見えちゃったりします。
もとはリビングダイニングが1階でしたがせっかくなのでリビングダイニングを2階にもってきます!
まずは解体から!

さあ!久しぶりのストリープハウス!楽しんでやってこーと思いまーす!

kamo

”Edison Bulb”登場

Posted by on 11月 24, 2015 in news

_DSC2176

「stri-ep ペンダント」黒布撚りコードタイプ入荷しました。
本ロットより写真の”Edison Bulb”をお選び頂けます。
今まではPSクリプトン球クリア40Wのみでしたが、購入時に”Edison Bulb希望”とメッセージいただければ同梱します。
お値段は今までと変わりません。
布撚りコードタイプ ¥8,000(+TAX)
カラーコードタイプ ¥9,000(+TAX)
とってもいい雰囲気出せそうです。
バルブのメーカーは40Wとうたっていますが、色温度のせいか多少暗く感じます。PSクリプトン球に比べかなりオレンジ色です。

購入はこちらより

kamo

「made in japan」

Posted by on 10月 23, 2015 in etc., stri-ep

照明×4

stri-ep houseの企画をきっかけに勢いで作った「stri-ep ペンダント」ですが、地味に売れてます(笑)
STORES.jpにてオンライン販売の他
葉山「桜花園」さん
鎌倉「日用美」さん
鎌倉「HOUSE YUIGAHAMA」さん
にて展示&販売させていただいております。黒布撚りコードL500mmとL800mmはSOLD OUTしてしまいました。(L=1200mmは若干数在庫あります)
次回の製作ロットまでしばしお待ち下さい。
入荷次第この場でお知らせいたします。
もちろん「made in japan」

kamo

湘南ビーチFM

Posted by on 9月 27, 2015 in publication, stri-ep

今週 10/1(木)10:15〜10:30 湘南ビーチFMの番組「いしいのわくわくしあわせごはん」に出演させていただきます。
ストリープハウスの事、少しお話しさせてもらえそうです。とはいえ事業の宣伝ではなく、あくまで人物の紹介らしい(なんでオレが??)ので恥ずかしいお話もちょろりと。
ご都合会えばすこしお耳を拝借させてください。

パソコンでは http://simulradio.info にて湘南ビーチFM 聞けます。
スマートフォンでは 「Tuneln Radio」 をアプリダウンロードで湘南ビーチFM 聞けます。

kamo

stri-ep house 上山口(土地)売り出し

Posted by on 9月 8, 2015 in stri-ep

上山口チラシ2014年3月に始動し、その後リノベーション計画を中止した上山口物件ですが現在土地として売り出しています。
場所は葉山町の上山口、大道の棚田側です。上山口小学校信号から約4分くらい登ります。登りますから現地はすこぶる眺望もよく市街化調整区域なので近隣は住宅も密集しておらず気持ちの良い土地です。近隣には畑が多くもちろん物件の土地で菜園も可能ですが、ここは畑をレンタルし本格的に生産も可能な地域です。有名な葉山の棚田も近くお散歩がてら有名な手打ちそばの「わか菜」でお昼ご飯なんていうのもいいですね。
当初「stri-ep house」として始動しましたが解体後、様々な懸案事項が発覚し検討を重ねましたが再販売価格がなかなか現実的な価格に着地せずリノベーション計画を断念いたしました。現状検討時の古家も残っていますが更地にしてお引き渡しいたします。しかし以前のブログにも写真を掲載しましたがリノベーションの器としては魅力ある古家ですので、さまざまな懸案事項を乗り越えながらこの家をいぢり倒したいという猛者の方は早めにご相談ください(笑)
今回は鎌倉に本拠地をかまえる「エンジョイワークス」さんにご協力いただき、建築参考プランとして「The Skeleton House」をご提案しています。この上山口の緑と青い空の中に白い鋼板のお家が映えますね!移住希望の方大歓迎です!是非ご相談ください。
葉山の里山「上山口」でゆっくりとした時間を過ごしてみませんか?

kamo

秋谷アトリエ サイン

Posted by on 9月 8, 2015 in etc., stri-ep

IMG_3800
ここ秋谷にオフィスを移し随分と経つんですが、今までは特に来客もあるわけではないし特にサインを掲げる必要なんてなかったんです・・・しかしここ数ヶ月でただのデザイン事務所から宅建業者になり不動産物件「stri-ep house」の売主となった今では、数多くの同業者の皆様から物件の問い合わせをいただきながらここ秋谷へ来社していただく事が多くなりました。「わかりずらくてスミマセン・・・」という気持ちもありサインを設置しました。(・・・とはいえ本来 宅建業登録の際には看板必要ですよ)134号から前田橋信号を入った細い細い道沿いの一軒家です。わかりづらいとは思いますがこのサインめざして来社ください。

kamo